MENU

難聴の症状と種類

難聴は、その人の聞こえにくい音の種類に応じて、3種類のタイプに分けて考えます。

 

電話の呼び出し音やささやき声など高い音が聞こえにくいタイプを高音性難聴、ピアノなどの楽器の音や人の話し声などが聞こえにくいタイプを中音声難聴、車の走行音や波の音などが聞こえにくいタイプを低音性難聴といいます。

 

高音性難聴は、内耳から大脳へのルートの音を感じ取る部分の障害で起こる場合が多くあり、感音難聴ともいいます。

 

低音性難聴は、外耳から中耳へのルートの音を伝える部分の障害が原因で起こることが多くあり、伝音難聴ともいいます。

 

スポンサーリンク

 

感音難聴は、メニエール病や突発性難聴、騒音性難聴、老人性難聴などよくみられ、伝音難聴は耳垢のつまりや、中耳炎、鼓膜損傷などでよくみられ、耳の詰まり感を伴うことが多くあります。

 

また、感音難聴と伝音難聴が同時に現れることもあります。

 

感音難聴は治療するのがむずかしいといわれていますが、伝音難聴の場合は難聴の原因を取り除く治療を行えば、聴力を回復しやすいといわれています。

 

また、難聴では、聞こえにくいだけでなく音量が極端に大きく聞こえたり、音が割れて聞こえたりすることもあります。

 

これは聴神経が過敏に反応することによっておこる症状で、メニエール病や突発性難聴でよくみられます。

耳の機能

耳の各部位の働きとしては、まず外耳で外の音を集め、中耳で音を拡大して内耳に伝えます。

 

内耳では拡大した音を、電気的信号に変えていきます。

 

次に聴神経が電気的信号を脳に伝えます。脳の中で、脳幹では音の強弱や高さを感じ、大脳では音の性質や言葉の識別を行います。

スポンサーリンク

 

 

 

蜂の子サプリメント

更新履歴